ミディアムシップについて~スピリチュアルな生と死、愛、希望

Blossomでは、ミディアムシップ(故人との霊界通信)を行っています。まだまだ誤解が多いと感じるミディアムシップについて、また、スピリチュアルな視点からのグリーフケア(死別の悲しみのケア)になればと思い書いてみました。

 

ミディアムシップセッションの特徴

ミディアムシップの役割

ミディアムシップセッションの最大の特徴は、交信する相手が私達と同じ人間であるということです。

 

天国に行って霊となっても、私達は大きく変わるわけではありません。生前の個性はそのままであり、天使や指導霊のような役割を担っている訳でもありません。

 

ですので、ミディアムシップで故人にあまり大きな人生上の相談などはされないほうが良いでしょう。

 

久しぶりの再会を前に、故人の言葉に耳を傾けるような気持ちで時間を過ごされるのが最善かと思います。


死んでも魂は生き続け、天国の人は見守っている

ミディアムシップ~天国の人は見守っている

ミディアムシップを受けて・学んで私が一番深く感動したことは、「私達は魂であり、霊魂は不滅なのだ」と本当に理解できた事でした。

 

同時に肉体をもって私達が生きているこの時間は有限であり、一瞬一瞬が尊いものであることに気づかされました。

 

霊魂は不滅だからこそ、肉体をもって生きる今生が有限であること。この有限の時間のなかで、その時間をどう生きるのか‥そのことについて意識が開かれるような感じがありました。

 

私が過去2回受けたミディアムシップでは、どちらも母方の祖母がやって来ました。実は、私は生前母方の祖母とは仲が良くなかったのです。

ですがミディアムシップの場で2度も祖母が来てくれたことで、今では天と地で仲直りできたような気持ちでいます。

 

ですので、会いたい方に会う事を願うだけでなく、お見えになる方に大きく心を開いていただけたらと思います。


天国にいる人達が願っていること

ミディアムシップ~天国にいる人達が願っていること

故人を思う時、多くの方は懐かしさだけでなく心残りや後悔を抱えているものです。

 

また、亡くなる時に苦しんだり、突然の死、年老いた姿、元気だった時とは心身とも別人のようになってしまった姿などを思い出されることもあるでしょう。

 

肉体的な苦痛は死と共に完全に解放されます。若々しく元気だった姿、楽しかった記憶とともに故人は思い出してもらいたがっています。もし、そのような思い出と共に故人を思い出していらっしゃるなら、それで良いのです。

 

私達が後悔の気持ちと共に生きたり、思慕や悲嘆のあまり前に進めない日々が続いたり、生前の故人を老いや病とともに思い出すことを、天国の人達は望んでいません。

 

離れ離れになったのは肉体だけで、魂はつながっています。楽しい記憶、良い思い出とともに、この地球であなたの人生を精一杯明るく生きることを願っていらっしゃいます。


現れるスピリット

ミディアムシップ~現れるスピリット

現れるスピリットの多くは、実人生で繋がりの強かった方達であることが殆どのようです。

 

両親、祖父母、兄弟、配偶者、子供。伯父、叔母、生前交流のあった配偶者の血縁者がお見えになることもあります。次に、仲の良かった友人、血縁はないが師弟関係にあったようなとても尊敬していた先生や先輩や恋人が続くように思います。

 

たまに曾祖父、曾祖母にあたる方がお見えになることもありますが、血縁関係があっても生前あまり交流が無かったり、既に死別していた場合はお見えにならないことが多いです(ですが時にはお見えになることもあります)。

 

生前あまり、または殆ど交流がなかった故人に会いたがる方もいらっしゃいますが、お見えになる事は多くないように思います。


後悔や懺悔の想いを抱いているなら…

ミディアムシップ~後悔や懺悔の想いを抱いているなら

「あの時、もっとああしていたら…」「もっとこうしてあげれたなら…」と、死別後に故人に対し後悔や心残りを抱いていらっしゃる方は少なくないでしょう。

 

また、生前とても難しい関係にあり、わだかまりを抱えたまま死別した方に対して、今なら素直に謝罪したいとか、和解したいという気持ちを抱えていらっしゃる方もいることでしょう。

 

あなたのその思いは、必ず天国の方に伝わっています。あなたの後悔や心残り、許しを請いたい、和解したいという思いは、全て天国の方に届いています。

 

彼らが天国で願うことは、あなたが後悔や悲嘆で苦しむことではなく、自分を許し、地上での生をあなたらしく精一杯生きて幸せになることなのです。


セッションを受けられる前に

ミディアムシップ~セッションを受けられる前に

ミディアムシップセッションでは、まず最初にお見えになっている方の人物確認(エビデンス)を行います。ミディアムが出していく人物特徴に対して、はいやいいえなど、簡単なお返事をするくらいであまりその方について多くをお話されないでください。

 

お見えになっている方が絞られてから、なぜ今日お見えになったのか、何かお伝えしたいことがあるのか、などを聞いていきます。

 

ミディアムシップの主役はあくまで天国の方達です。こちらから特定の故人をリクエストをしても、お見えにならないこともあります。ですが、もし会いたい方がいらっしゃる場合は、セッションの前にお祈りをされておかれると、もしかしたら来てくださるかも知れません。

 

勿論お見えにならないこともありますので、あらかじめご了承ください。お見えにならなくても、それはタイミングであなたに会いたくないなどではないですので、心配されなくて良いですよ。また、ミディアムシップの場で安定したエネルギーでお見えになるまでには、亡くなられて1年は経っているほうが良いようです。

 

ミディアムシップを受けられたい場合は、個人セッションのなかで行っています。