天使の色と光~私達のオーラに見える色~基本的な意味一覧

大天使ミカエルはロイヤルブルー、大天使ラファエルはエメラルドグリーンなど、天使ごとに特に強く放つ色があると言われています。

その色は天使の個性や役割とも関連しています。

また、私達のオーラに見える色とも関連します。

このページでは、天使やオーラに見える色の基本的意味、色ごとに関連する天使達についてご説明をしていきます。


目次


白:浄化と波動活性~天使の基本色

白は「純粋性」を表します。白は最も基本の浄化と純粋性の色です。あらゆる浄化、波動を高め、神の光とつながる調整をします。

ガイダンスやインスピレーションがほしい時にも用いられます。純白の光は天使の最も基本の光です。

 

純白のオーラを持つ人は霊性を高めた人と、もともとの性質として純真な人であると感じます。霊性が高いと伝えると「私、全然視えたり聞こえたりしないんですが…」と驚かれる方が多いのですが、霊性が高い人の全てに必ずしもわかりやすいサイキック能力がある訳ではないのです。

 

純白のオーラを持つ霊性の高い人の特徴としてあるのは、様々な出来事に対して自分のなかでじっくり考え抜く力、全ての責任は自分にあると昇華していった芯の強い人、また普通の生活をきちんと送っている人であるように思います。


金:浄化、守護、顕現~大天使ミカエル、大天使ウリエル

もし金色がオーラにあるなら、ロウアーセルフを支配できる力と意志があることを意味します。自分が誰で何であるかを知っているという、確信があることも意味します。これは大天使ミカエルの基本的な役割と繋がっています。また大天使ウリエルは太陽のような光を持つと言われます。

 

金色はとても強力な保護の光となり、顕現する力もあります。無駄な感情、欲求不満、不適切な感情の誘惑を断ち切る強くダイナミックな力をもたらします。

 

オーラに金色が見える人はリーダーであることが多いです。優れた経営者、自己研鑽を欠かさない人、器の大きい人、前向きで周囲を鼓舞できる人には金色がよく見られます。

 

放つような光のエネルギーを自然と周囲に感じさせますので、カリスマ性がありますね。


青:ヒーリング、創造性、コミュニケーション~大天使ガブリエル、大天使ミカエル

青はとても人気のある色で、天からのヒーリングエネルギーは青い色(サファイアようなブルーやエレクトリックブルー)をしていると考えるスピリチュアリストが多いです。

 

また、第五チャクラの色でもある明るいスカイブルーは、芸術、創造的知性に関連し、クリエイティブな人や発信者によく視られる色だと言われています。

 

パウダーブルーやマリアブルーと呼ばれる優しさのある青は、良い医師やヒーラーに見られる色だと言われ、平和や穏やかな感覚をもたらします。

 

ロイヤルブルーは、とても高貴で献身的な人に見られます。

ヒーリングの天使、芸術の天使、創造の天使、大天使ガブリエル、大天使ラギュエル、大天使ザドキエル、ロイヤルブルーの光はミカエルと関連します。

 

オーラに明るいブルーを感じる人はクリエイティブな人が多いと感じます。本当にクリエイティブに生きている人はなかなかいないので、明るいブルーを強く感じることは個人的にはあまりありません。

 

修行僧のように真面目なタイプの人には紺色を感じることがあります。ブルーというとクールなイメージもありますが、冷静な人や理知的な人からは私はシルバーを感じることが多いです。


赤:情熱、活力~大天使ミカエル

ルビーのような赤い色は生命エネルギーです。それはたくさんの活力を発します。赤はまた正義を表し、私たちの情熱の部分でもあります。

 

オーラに赤がある人たちは他の人たちへの洞察力があり、簡単にはへこたれません。赤は肉体を活気づけます。

 

赤は上昇の色で、明るさとあたたかさの感覚、生きる欲望をもたらします。大天使ミカエルと関連の強い光です。

 

オーラに赤を感じる人は間違いなく情熱的な人です。のんびりおっとり過ごすのは苦手で、いつも忙しくしていたり、目標に向かって進んでいくことを好みます。肉体的にもエネルギーに満ちている人が多いです。オーラにオレンジを持つ人も同様で、オレンジのオーラの人は他者を力づけるエネルギーを持っています。


緑、エメラルドグリーン:バランス、調和、癒し~大天使ラファエル、大天使チャミュエル

緑は成長と刷新の色として認識されます。エメラルドグリーンは個人の調和を表現し、バランスとハーモニーの色です。

 

私たちが持つべきとても重要な色で、エメラルドグリーンをオーラに持つ人は穏やかで人生を秩序に満ちた状態にしています。

 

エメラルドグリーンは精神・体・魂の調和の色でもあります。それは知識を増やし、人生の多くの側面で調和を経験している人に見られます。それは自然やアウトドアを愛する人だということも表します。

 

青りんご色は新しいスピリチュアルな成長と希望を表し、奉仕と協力を愛することを表します。緑は神経に安らぎを与え、恐れを克服するのに優れています。緑っぽい青は、信頼できる、協力的な性質であることを示唆します。大天使ラファエル、大天使チャミュエルと関連の強い光です。

 

オーラにエメラルドグリーンを感じる人は調和的で優しい、平和な穏やかな気質を持つ人と感じます。

目立ったところがなくても周囲に愛され、人気者になっていることが多いように思います。


ローズピンク、ピンク :愛の天使、大天使ジョフィエル、大天使アリエル

ピンクは愛の色です。スピリチュアルな愛は薔薇色の色調でやってきます。大いなる美、創造の次元、喜び、心地よさ、慈愛、人間愛、上昇、豊かさを表す普遍的な色です。それはフクシャ色、ローズレッド~ローズピンク、マゼンタ、ソフトなローズクォーツのようなピンクまで、さまざまな色調でやってきます。金色にピンクが混ざったアプリコットピンクも素晴らしい光です。

 

ピンクは自分自身への愛だけでなく、良い人間関係を築いていくうえでも不可欠の光です。恋愛中の人にもよく視られる色です。大天使ジョフィエル、愛の天使、大天使アリエルと関連の強い光です。

 

オーラにピンクを感じる女性はいわゆる「モテる人」が多いのです。

可愛らしいピンクからマゼンタに近い濃いピンク、サーモンピンクのような黄みの入ったピンクまで、色調は様々ですがモテる人にはピンク色があります。

 

また、オーラにピンクがある人はサイキック能力を備えている人も多いように思います。


紫、すみれ色:深い平和、優しさ、静けさ:大天使ジェレミエル、大天使ミカエル

ある人のオーラに紫色がある場合は、深い平和を意味します。さらに、神秘主義的な深い信仰心があります。にも関わらず、紫は世事的事柄を処理する冷静で実際的な能力があることも表します。

 

紫がかった藍色は、その人がスピリチュアルな力を探求していることを示します。オーラにすみれ色がある人は、静かで落ち着いた人です。内面と外面の均衡を表しています。

 

すみれ色は高いスピリチュアルな力、真の偉大さ、利他的な努力をもたらします。すみれ色がラベンダー色になると、信仰心に満ちた性格が表れます。

 

紫は喪失の悲しみを癒してくれる光でもあります。外界がどんな状況にあっても心の平和を保てるように助けてくれます。大天使ミカエル、慈悲の天使、大天使ジェレミエルと関連の強い光です。

 

オーラに紫を感じる人は慈悲深い人、霊性の高い人であると感じます。物静かで控えめな性質の人であることが圧倒的ですが、エネルギッシュで活動的であっても観音のように慈悲深い性質が育っていれば紫が見えます。

 

生まれつきこの色を持っている人もいるかも知れませんが、それでもオーラにこの色が強く見えるようになるには、苦労や試練が必要であるように思います。

 

紫のオーラを持つ人は、どこにでもいる普通の人のようであっても偉大な霊性を持つ人です。


天使、大天使について詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ


自分のオーラやエネルギーの状態を知りたい方は個人セッションをどうぞ