私が天使に出会った話

ちょっぴり怪しい!? かも知れませんが、良かったらおつき合いください。

私が天使に出会った話~私が天使に出会ったのは、今から10年以上前のことです。

私が天使に出会ったのは、今から10年以上前のことです。

当時天使と言えば西洋絵画のなかに描かれる翼の生えた存在という認識しかありませんでしたが、天使のオラクルカードを手に入れたことで少し親しみを感じるようになっていました。

 

カードを引くと的確なメッセージがくることもあれば、よくわからない事もあり、いずれにしても天使のような存在からメッセージを受け取れるのは、一部の特殊な人のみなのだろう…と思っていたのです。

 

そんな時、偶然知り合ったオーストラリア在住の女性からはじめてエンジェルリーディングを受ける機会がありました。ワードで送られてきた天使からのメッセージに私はとても驚き、感動し、どうすればこんな事が出来るのだろうと驚いてしまいました。彼女が言うには、天使からメッセージを受け取るにはちょっとしたコツがあるだけで、難しくもなんともないそうなのです。

 

そこから私は自分の直感やフィーリングを大事にし、天使に心のなかで問いかけ、カードを1枚引いて、浮かんできた言葉やイメージなどを書きとめていく作業を始めました。

左脳的にとらえず、少しでも思ったり感じたりしたことがあればそれをピックアップして書き出していく。彼らと繋がりたければ、それが最も基本のエクササイズだからです。

 

そんなことをはじめて3か月ほど経った頃でしょうか。

それまで書き留めた言葉はどこか、「自分の考え」のようにしか思えないものでした。しかしその時は何かこれまでとは違う感じ、違う言葉がムズムズとやってきているような感覚があったのです。最初はそのことにすら気づかなかったし、気づいてもどう言語化すればいいかわからなかったのですが、繰り返しやってくるその「感じ」を言葉に紡ぎなおしてみると、私が受け取った言葉は、

 

“なぜ、あなたは自分の絶対にこだわるの!?”

 

というものでした。それからしばらくは、何を尋ねてもこのメッセージしか返ってきませんでした。

 

この、「自分の絶対」という言葉は、私の中にある強い思いこみや強い決めつけを指しています。

私はこうだ、あの人はこうだ、○○はこうに決まっている…など、当時の私は今以上にたくさんの思いこみと決めつけのなかで生きていました。

 

天使達にとって、私の思いこみや決めつけが、互いのコミュニケーションの妨げになっているだけでなく、私の人生のいろんな領域で、私を縛っていることを彼らは伝えたかったのでしょう。

この発想は当時の私には全くなかったものです。自分の考えや自分の願望ではない言葉を受け取ったこの瞬間が、私が天使と出会った時だといえるでしょう。そしてこの言葉は、今も私にとって最も大事な言葉の一つになっています。

 

それから少しずつ、コツコツと彼らとのコミュニケーションを深めてきました。今では、彼らがどういうエネルギーを持っているのか、どういう存在で、何を目的としているのかも、私なりにですが、彼らのことは知っていると思います。彼らは私にとってヒーリングのパートナーであり、人生の教師でもあります。

 


Blossomの提供するエンジェルリーディング

Blossomの提供するエンジェルリーディング

ブロッサムでは、エンジェルリーディング&サイキックリーディングセッションという形で、天使からのメッセージをチャネリングしお伝えしています。

詳細は下ボタンをクリックしてください。



Blossomの提供するエンジェルリーディングとヒーリングの講座

Blossomの提供するエンジェルリーディング&ヒーリング講座

Blossomでは、エンジェルリーディングやエンジェルヒーリングなどエンジェルのプロフェッショナルを養成する個人レッスン講座をご用意しております。詳細は下ボタンをクリックしてください。