身体が「ノー」と言うとき

おはようございます。今日は『身体が「ノー」と言うとき。抑圧された感情の代価』(ガボール・マテ著・伊藤はるみ翻訳:日本教文社)に書かれていた、「人を病気にさせる、私達が解放すべき8つの思いこみ」についてご紹介します。

私たちを病気にさせる、8つの思いこみ。それは、

 

  • 私は強くなければならない
  • 私は怒ってはいけない
  • 怒ったら、愛してもらえない
  • 何もかも自分のせいだ
  • 私は何でも自分でできる
  • 私は望まれていない-私は愛してもらえない
  • 私は何かをしなければ存在できない。私は自分の存在を正当化しなければならない
  • 重い病気でなければ、私はいたわってもらえない

というものです。どうでしょうか。当てはまると感じる思いこみがありませんでしたか。これら8つの思いこみをひっくり返すと、私達を解放し、健康にするアファメーションが出来上がりますね。

 

  • 私は強くなくてもいい
  • 私は怒ってもいい
  • 怒っても、愛してもらえる
  • 何もかもが自分のせいではない
  • 私は何でも自分でできなくていい
  • 私は望まれている-私は愛してもらえる
  • 私は何もしなくても存在できる。私は自分の存在を正当化しなくてもいい。
  • 重い病気でなくても、私はいたわってもらえる

 

 それでは、今日も良い一日をお過ごしください。