結実の目安は2年

2月になりました! 今月もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて…「石の上にも三年」という言葉があり、その言葉は今でも十分に通用すると思います。

 

そして最近は「頑張った結果が3年目で出てくる」というより、「頑張った結果は2年目」あたりで現れ出し、最後の3年目は「頑張ってきた甲斐があった」という、サイクルのしめくくりに近い年になることが多いのではないかな…と思ったりするのです。

 

決めたらとにかく精一杯頑張ってみる。そうすると、2年目には何かしらその決断・選択の「答え」が「結果」という形で出てくるのではないかなと。

2年がひとつの目安なのかなーと。

 

決断・選択が正しいものなら、2年目には何らかの結果、手ごたえ、発展や可能性が見えてくる。

間違っているなら(本当の広い意味では間違いは何一つないのだけど)、ダメだとわからせるような結果、流れになっていく。。

 

勿論これは状況や個々で違うものだと思います。でも、もし2年目が終わる頃になっても疲弊感や障害、進展がない、失敗ばかりが増えてくるようなら、残り1年続けるのか、どうするかじっくり考えてみる。ねばるか、終わらせることも検討で取り組むか、やり方を変えるか…。

いずれにしても、2年は頑張らないと見えてこないことは普通なのかな~と思います。