クォンタムタッチの生徒用マニュアル&WSは全世界統一された内容です

クォンタムタッチ®は国内だけでなく世界中でインストラクターによるワークショップが行われています。資格保有者も日本だけでなく世界中にいます。

 

各クラスの生徒用マニュアル(テキスト)は、世界統一の内容で、また、インストラクターも世界統一のインストラクターマニュアルをもとにインストラクターとしてのトレーニングを受けます。

 

インストラクターになるにあたり、必ず教えて欲しいこと、順番などを、きちんと協会のほうから学びますので、QTのワークショップは世界中のどの講師から学んでも、大事なところはきちんとカバーされた内容を学ぶことができます(勿論言葉の問題はありますが)。

 

とはいえ、私も過去5人の先生からQTのL1ワークショップを受けましたが、先生達によって内容に個性が出るなぁと感じています。どこにこだわるかや、先生のキャラクター、ゆるい感じなのか、やや厳しいのか、オタクっぽいのか、理系なのかホリスティック系なのか、QTの特に量子論的なところが好きなのか、インナーヒーラーという概念が好きなのか…などなど、「どの先生から受けても同じ」という感じには全くならず、毎回発見がありました。

 

だけど、必ずここは教えて欲しい、こう伝えて欲しい…、と協会から伝えられていることは、どの先生から教わっても抜けるということはないんですね。

 

ものによっては、世界的に統一されたテキストや受講内容がなく、いつの間にか日本で鎖国的に偏ってしまったりすることもあるようですが、QTはそういうことはありません。プラクティショナーやインストラクターになったらアメリカ本部からサーティフィケートが送られ、公式サイトのほうに名前が掲載されます。

 

3月9日(土)10日(日)、クォンタムタッチL1ワークショップを行います。興味をお持ちの方は是非ご参加くださいませ。