繰り返す人

私は人との縁を自分から切るということは、過去振り返っても殆どなかったと思います。あちらから切られるということは、あったと思いますが(笑)。

 

それは私が良い人間だからとかではなく、「まったく社交的でもないこんな私とご縁があって仲良くしてくれる人は、貴重すぎて切れない」という気持ちでいるからです。

 

勿論、私だって「この人はちょっとこれ以上関わると苦しい‥」という人と出会うこともあります。その人がというより、いろいろな事情で関わりづらくなることもありますね。

 

そういう時は、派手に喧嘩したりわざわざ言葉にして言うというよりは、付き合いを薄くしてなんとなく疎遠にしていく…という事が多いです。完全に白黒つけなければ、どこかでまた互いが変わって縁が深まるかも知れないし。いい人と言うより、単に気が弱いという感じかな。

 

とはいえ、生きていたらどうしたってはっきりと喧嘩したり揉めたりして付き合いが無くなる人はいます。また、思い当たることはないのに突然距離を置かれる事などもありますね。

そういう時、やっぱり傷つくし、自分のここがいけなかったとか、あれがいけなかったのかも知れないとか、以前はくよくよ悩んでいました。

 

でも最近は「反省はしてもいつまでも悩んだり後悔するのはやめよう」という気持ちになることが増えました。

 

なぜなら、私が揉めた人の多くは、私以外の人ともよく揉めたり、喧嘩したり、疎遠にしてまた新しい付き合いを増やしたり…ということを繰り返している人達だ…というのが何となく見えてきたからです。

 

もしかしたらあなたが今悩んでいる人も、そういう人ではないですか!? あなたには滅多にないことでも、相手にはもっとよく起きていることかも知れません。

 

相手側の問題なのね…というより、どちらが良い悪いとかではなく、これは性格とか、生き方の問題なのかなと思います。

 

それは違っていていいことなので、感情を抜きにして、反省点だけをみたら、いつまでも悩んだり後悔する必要はない。今ある付き合いを大切にして、新しい出会いに前向きに。前を向いて生きていけばよいのだと思います。