個人セッションの内容少し変更しました♪

タイトル通りですが、個人セッションの内容を少し変えました。

 

今までは60分のセッションのなかでどのようなことをご相談されるかは、当日に話を聞くまでは全くお尋ねしない状態にしていました。

 

そのほうが先入観が入らないですし、今もご相談内容を前もって詳しく聞くことは行いませんが、お申込みフォームにチェックボックスを作ることで、60分という時間をより有効に使えるようにしました。

チェックボックスを確認してもらうことで、「こんなことも聞けるのか~」とわかってもらえるかなと思います。

 

また、マーティンさんがセッションを行う際のこだわりのようなものもクラスで聞いて、とても参考になったので、その要素も今後は取り入れて行っていこうと思います。

 

そしてミディアムシップ。ミディアムシップを再開するのはいいけれど、どういう形で行うかは悩みどころでした。それは、ミディアムシップはやってもやっても、「凄くうまく行く時もあれば、今イチでフラストレーションがたまる時もある…」という感じで、サイキックリーディングのように数をこなしていけば、ある一定のラインは維持できるような感じとはちょっと違うのかなぁと思うようになったのです(勿論経験を積むことはどんなミディアムにもプラスにはなると思いますが)。

 

マーティンさんによると、それはどんなにキャリアの長いミディアムでも感じることで、自然なこと。会いたい人と違う方が来られることもあるし、来られない、来ても何も話されない、エビデンスの確証が難しいこともあるしということで、「自分は60分のセッションなら全てをミディアムシップに使うことはない、エビデンス10分とメッセージを伝える10分で大体20分くらいしか使わないよ」とのこと。

 

なるほど、そんな感じでやっていいのね!と、また最初に10分ほどクライアントの過去・現在・未来のサイキックリーディングをしてからのほうがスムーズにミディアムシップの状態に入りやすいなど、色々アドバイスをもらいました。

 

凄く参考になってので、今後はミディアムシップも含め全てのセッションはひとつの個人セッションのなかにまとめることにしました。ここしばらく、どんな感じで個人セッション、ミディアムシップを行っていくのがベストなのか考えていましたが、ようやくすっきりまとめることができた~~!!という感じです。

 

個人セッションは9月14日から価格改定いたします。一度受けてみたい&久しぶりに受けてみたいという方は是非どうぞ。



このブログで取り上げて欲しい・聞きたいことがあればどうぞ

メモ: * は入力必須項目です